Facehacker | 見た目ですべてが変わるをサポートする情報メディア

実録!貧乏女子大生のわたしが金欠を乗り越えた方法4選

time 2016/03/23

お金がない大学生のみなさん、20代のみなさん必見!一人暮らしで仕送りゼロの現役女子大生の筆者が、いままで実際に幾度となく金欠というピンチを乗り越えた方法をご紹介します。実際に筆者が利用したおすすめサイトとともに具体的な方法を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。これを読んで一緒に金欠を乗り越えましょう!

1.外貨を日本円に両替

大学生なら一度は海外旅行に行ったことがあるのではないでしょうか。もしあなたが金欠で、その時のお金がそのまま残っている場合はすぐ日本円に両替しましょう!筆者の場合は東南アジア5カ国7都市をバックパックで旅行した際のお金、高校生の時にイギリスとオーストラリアに短期留学した際のお金などを日本円に両替しに行きました。数種類の通貨をかき集めて両替所に向かったのですが、そのときはなんと合計で約5万円にもなりました。おすすめの両替所は大黒屋です。手数料が安く、面倒な書類への記入も不要でその場でサッと両替してくれます。

また、海外によく行く方で外貨両替の手数料を節約したい方におすすめなのが、海外専用プリペイドカードです。キャッシュパスポートとは、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7つの通貨が1枚のカードになっているプリペイド式のカードです。クレジットカードではないため、未成年でも審査なしで発行することができます。このカード1枚あれば世界210カ国以上のマスターカード加盟ATMから、現地の通貨を引き出せるうえ、クレジットカードと同じようにお店での決済にも使えるのでとても便利。毎回毎回両替する必要がなく手数料も節約でき、万が一盗難にあってもきちんとした保障があるので現金よりも安心な個人的におすすめのカードです。

キャッシュパスポート

▼詳しくはこちらをチェック▼
とっても便利!キャッシュパスポート

2.au利用者ならば、auWALLETを使う

auWALLET

筆者は1年前にスマホのキャリアをauに変えた際に、店員さんに勧められauWALLETを申し込みました。auWALLETとはauが発行しているプリペイドカードで、マスターカードが使えるお店ではクレジットカードと同じように利用することができます。使った分だけポイントが貯まり、セブンイレブン、マツモトキヨシなどのポイントアップ店ではさらに多くのポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円として使うことができるほか、さまざまな商品に交換することができる、なかなか便利なカードです。

では金欠の時になぜauWALLETが使えるのかという本題に入ります。ポイントは決済方法です。このカードのチャージ方法の中で、オンラインチャージを選ぶとその分の代金は翌月の携帯代金支払いに合算されます。つまり、オンラインチャージを使えば、どうしてもお金が足りない時にもクレジットカードを使わずとも物を買うことができるのです。5,000円チャージすれば、その分は翌月の携帯代金と一緒に請求が来るのでなんとか飢えを凌ぐことはできるでしょう。クレジットカードを使ってしまう癖がつくのが怖かったわたしは、実際に何度もauWALLETに助けられました。

▼詳しくはこちらをチェック▼
au WALLETサイト: https://wallet.auone.jp/

3.バイト先でお腹をみたす

主に飲食店でバイトをしている人向けの方法になってしまいますが、これはとても有効です。わたしはスターバックスコーヒーでアルバイトをしていたのですが、どうしても金欠なときはシフトに入っているときに無料で飲めるフラペチーノでお腹を満たしていました。(スタバでは1回のシフトで3杯まで好きなドリンクを飲むことができます) またバイト先には常に何かしらの差し入れが置いてあったので、そのお菓子を食べて凌ぐこともありました。何度まかないが出るバイトをうらやましく思ったでしょう・・・。これからバイト探しをする大学生で特に一人暮らしのに場合にはまかないが出るバイトをおすすめします!

▼バイト探しおすすめサイト(お祝い金が貰えます!)▼
飲食店のバイトなら【アルバイトEX】

4.身の回りのものを売る

「今月どうしてもピンチ!」「今お金が必要!」そういう時は背に腹は代えられません。周りを見渡して、目に付いた売れそうなものをとことん売りましょう。大学生なら本やDVDなどが多いのではないでしょうか。もしブランド品の洋服などがあれば、ブランディアなどのブランド品買取専門店で査定してもらいましょう。

本を高値で買い取ってくれるお店をネットで調べたところブックオフの評判があまり良くなかったので、わたしが実際に利用したのは吉祥寺の「百年」という古本屋さんです。また、DVDを売る際には吉祥寺のDisk Unionを利用しました。さらにブランド物の洋服を売るためにブランディアを利用しました。買取金額は書籍とDVD合わせて1万円、バーバリーなどブランド物の洋服やバッグは、合計で2万円ぐらいでした。

woman-reading-887274_960_720

結果的に、まあまあ高値で古本を買い取ってもらうことができたのですが、なにがいちばん大変だったかというと、大量の本を店舗まで持っていくことです。東京で一人暮らしをする筆者は車など持っているわけもなく、もはや免許すら持っていなかったため大量の本を巨大なバッグに詰め、電車でせっせと吉祥寺に向かったのでした。どのくらい必死な形相をしていたのでしょう・・・。帰りの達成感はものすごいですが、こんな苦行は二度としたくない、そう思った筆者は今回改めて本を高値で売ってくれるサイトを調べました。

その結果おすすめするのは本・DVDの高価買取 Vabooです。Vabooはクロネコヤマトの集荷サービスを利用した、送料無料の買取サービスです。ダンボールに売りたい本と、身分証明書を入れて自宅で待っていれば、クロネコヤマトが回収に来てくれるので、大量の本があっても必死の形相で本を運ぶ必要はありません。またVabooでは査定額に納得いかなかった際の返送料も無料です。買取額の最低保障もあるので発売から一定期間たった本でもそれなりの買取額で買い取ってくれます。サイトがとても見やすく、初めての方にも分かりやすく利用方法や査定基準を掲載しているので、少しでも売りたい本がある方はサイトをぜひチェックしてみてください。

▼詳しくはこちらをチェック▼
送料無料で高価買取 Vaboo

ブランド品を売るときにおすすめなのは、筆者が利用したブランド品買取サイトのブランディアです。ブランディアはネットで申し込み後、売りたい商品の量に合わせて段ボールを無料で送ってくれます。そこに売りたいものを詰めて、商品に点数を記入、身分証明書をネットでアップロードし、クロネコヤマトに集荷を依頼すれば完了です。査定が終わると査定額をネット上でチェックでき、同意すると買取成立。後日口座にお金が振り込まれています。とにかく手順がとっても簡単で、一つ一つの品物に対し、根拠をもって個別に買取額を提示してくれるので納得感をもって気持ちよく物を売ることができます。

▼詳しくはこちらをチェック▼
CM放送中!ブランディア

お金

キャンパスライフ

恋愛

旅行

Facehacker

Facehacker

フェイスハッカーは、見た目にコンプレックスを持つ方々が、少しでも自分に自信が持てるように、正しい情報を発信するメディアです。